モリー画伯の個展

来園者

作品制作者 モリー。飼育担当者 深谷高司(ふかやこうじ)さん。キャプション 普及指導係の大野雅也(おおのまさなり)さん。現在50歳のメスのオランウータン「モリー」が、クレヨンで描いた絵が、オランウータン舎前で展示されています。'50才のモリーは、左目は潰れていて完全に見えず、右目も瞼を持ち上げなければ見えないそうです。しかし、画伯としての才能は素晴らしく、じっくり鑑賞すると、絵の中にはシャガールを思わせるような鳥にも見える描写すらあります。モリーの才能、それを引き出した飼育担当者、更に普及指導係職員のオリジナルのキャプション。来園者を和ませてくれています。