野上悦子さん

霊長目 > キツネザル

添付するのはズーストックセンターの一部の写真です。今でも植栽には力を入れています。定期的に植物の入れ替えを行っています。止まり木も一部を定期的に新しい木に交換しています。マーモセットやタマリンはこの新しい木を齧ったり、マーキングしたりするのに夢中になっています。キツネザルにはアコウかガジュマルの葉が沢山ついた大きい枝を2〜3日おきに入れ替えて与えます。彼らはこの葉を食べたり、枝を齧ったり、枝にぶら下がってじゃれあったりするのであっという間にぼろぼろにされてしまうんですが・・・地面に敷いてる落ち葉を追加した時もすごいですよ。特にエリマキキツネザルは落ち葉の山にダイビングしますからね!餌の与え方は、特にこれと言って大した事はしてないんですが、マーモセットやタマリンにはミルワームを地面にばら撒いて与えています。落ち葉をそっとめくったりしながら時間をかけて探しています。夏場は捕まえてきたバッタを展示場で放してやって、自分たちで捕まえさせるようにしたり・・・と、こんな感じのことを今でもやっています。