プレーリードッグ放飼場

その他 > ネズミ/ヤマアラシ

以前はコンクリートで出来たとても不向きな放飼場で、ストレスが見受けられましたが、人工保育室として使用していたスペースを使い土と木を入れてプレーリードックの放飼場としました。コンクリートの放飼場では、足のウラがキズつきやすく、清掃時水洗いのためキズの治りが遅く、ストレスのせいか抜け毛が目立ち毛並みが悪かった個体も、土の放飼場では、毛づやも良くなり、楽しそうに穴を掘り、自由に生活しています。又、お客様もプレーリードックが穴を掘り、土の中から顔を出す姿を、立ち止まり観察していただけるようになりました。