アカゲザルのサル山

霊長目 > ニホンザル/ヒヒ

アカゲザルのサル山。工夫された給餌台がいくつも設置されている。簡単には中のエサを取ることが出来ない、いくつかのフィーダーを設置している。写真は筒状のものに細かなエサを入れ、何個体かのアカゲザルが試行錯誤してエサを手に入れようとしている。採食時間が延びると同時に、限られた空間で群れで飼育されている動物にとって、多くの個体がエサを得られる方法だと思う。