ペンギンに関する展示(別名:ペンギン博物館?)

来園者

今まではペンギンについての展示は野生の生息分布図や水族館で与えている餌についての説明といったよくあるものだけだったのですが、(それでも写真は水族館にいるペンギンたちなのです。)今年の春にペンギンの展示スペースの横にちょっとしたペンギン博物館コーナーができました。大きなものではないのですが、1羽のフンボルトペンギンが換羽するときに抜けた羽はこのくらい…というかたちで実際にガラスケースに羽が入っていたり、ペンギンの骨とニワトリの骨の重さ比べなど展示されているのですが、特筆すべきは「ペンギン姿勢にチャレンジ」というパネルです。ペンギンの脚の部分の骨格についての話なのですが、飼育員さん自ら体を張って実際に同じような姿勢をとった写真を載せています。その横の「転ばないように気をつけてね」の一言がほほえましいです。飼育員手作りのパネルや展示で身近に感じられるので子どもでも楽しく読んだり見たりすることができます。