『ニホンザルを魅力的に見せる工夫』取り組みぅ魯船潺張魅螢魅

霊長目 > ニホンザル/ヒヒ

目的:サルの体を観察、摂餌時間の延長 解説:1日に1回から3回、展示ガラスにハチミツを塗り、来園者にオスザルの鋭い犬歯や指紋を観察してもらいます。摂餌時間は冬が1時間(ハチミツが凍るため)、夏が15分ほど。ハチミツを塗る前は手持ちのパネルにて展示の趣旨を理解してもらう、通称『ペラペラ』を行なっています。『ペラペラ』にはサルの体についての説明文が書かれており、来園者の視点を犬歯や指紋に集中させる効果があります。