検索結果は9件です。

オオアリクイの給餌

エンリッチメント大賞2002応募, 上野動物園  [ その他 > その他 ]

梅酒ボトルのような透明のプラスチック容器にペースト状の餌を入れて与えています。オオアリクイは長い舌を使って餌を舐め採り、来園者はその様子を間近で観察することができます。'まるで赤ちゃんがミルクを飲む...

 

オオアリクイの食事

エンリッチメント大賞2003応募, 上野動物園  [ その他 > その他 ]

オオアリクイの細いストローのような口が、大きな透明な容器からあっという間にドロドロした餌を飲み込みます。底も蓋付近もU字型にも素早く動く口にびっくりしました。この動きだからアリを主食にできると納得...

 

もぐらの家

エンリッチメント大賞2003応募, 多摩動物公園  [ その他 > その他 ]

「もぐらの家」 今年の夏にオープンした「もぐらの家」展示。展示ケースは、奥行きが5cmほどの木枠、アクリルガラス張りで、中には土やシュレッダーで細かくした紙が入っている。このケースを金網を輪状にしたも...

 

小獣館 オオイオオコウモリの展示

エンリッチメント大賞2004応募, 上野動物園  [ その他 > その他 ]

コウモリというと日中は軒下や木の洞、洞窟などで過ごすイメージが強いのですが、オオコウモリの仲間には木にぶらさがって日光浴までするものがいるということがわかる興味深い展示です。

 

オオアリクイの給餌

エンリッチメント大賞2004応募, 上野動物園  [ その他 > その他 ]

野生のオオアリクイの餌はアリですが、上野動物園ではトリひき肉、牛レバー、ドッグフード、ヨーグルト、卵黄、粉ミルク、バナナをミキサーでどろどろにしたものをあげています。その入れ物は梅酒のビンにペット...

 

ナマケモノの展示の工夫

エンリッチメント大賞2005応募, 上野動物園  [ その他 > その他 ]

展示場内にロープを張り、展示場を囲っているアクリル板の一部に穴を開け、そこからロープ、木の枝を伝って、展示場の前にある木の上にも移動できるような工夫がなされています。ナマケモノがどのように移動する...

 

ツチブタの食事

エンリッチメント大賞2005応募, 東京都上野動物園  [ その他 > その他 ]

ツチブタの飼育しというと、土の無い、そして狭い、夜行動物のコーナーというイメージがあります。でも、上野は普通に日が当たる比較的、広い展示場にいます。夜行性の動物にも、昼間は太陽光が差し込むことは大...

 

オオアリクイの食事

エンリッチメント大賞2005応募, 上野動物園  [ その他 > その他 ]

何度も容器を改良して、食べる姿をここまでお客に見やすくしたことに拍手を送ります。オオアリクイの長い舌をちゃんと見せるために、容器の深さを考え、側面の曇りがない容器を選び、容器の口の大きさを決め・・...

 

展示の工夫 その1〜ナマケモノ〜

エンリッチメント大賞2005応募, 上野動物園  [ その他 > その他 ]

ナマケモノは夜行館などで飼育されているのが一般的です。でも、ここでは、運がよければ、ナマケモノが昼間、頭上を移動していく姿が見られるのです。それも、ガラスも無く、檻もなく、木の幹には、なんの細工も...