HOME > 動物たちの豊かな暮らし > エンリッチメント大賞 > 2013年度
メールニュース
市民ZOOネットワークのイベント情報や動物関連情報をお知らせ!
詳しくはこちら
name
mail
サポーター募集
出版物&オリジナルグッズ

動物たちの豊かな暮らし

エンリッチメント大賞 2013

「エンリッチメント大賞2013」大賞発表!
―異なる方向から“動物のために”を実現―


 12回目の開催となるエンリッチメント大賞2013、多くのご支援のもと、今年も大賞が決定しました。今年は全国から50件の取り組みに対して58通の応募があり、そのうち10件が一次審査(書類審査)を通過しました。
 一次審査を通過した取り組みについては、市民ZOOネットワークのエンリッチメント大賞スタッフによる現地訪問や、関係者にインタビューを実施するなどの追加調査をおこないました。その結果をもとに、9月28日に審査委員会(二次審査)が開催され、3件が大賞に選ばれました。
 今回受賞した取り組み3件からは、動物のために、その生活環境をより良いものにしようという意欲と熱意が感じられました。そのために、現状をよく理解したうえで、従来の問題点を把握し、それぞれに対する具体的な対処法や改善策を立てているという姿勢が評価されました。今回受賞した取り組みは、「自然の利用」「トレーニングの導入」「混合飼育」といった、エンリッチメントの一環として定着しつつある手法を、うまく利用したものだと言えます。しかし、こういった手法は、トラブルや事故の原因となったり、来園者への誤解が生じたり、動物と来園者や飼育担当者との適切な距離を保たなければいけないことなど、難しい問題を生じることもあります。受賞した3件は、手法の正しい理解のもとに、これまでに得た知識や経験、技術を十分に活用し、新しい取り組みを構築している点が評価されました。

 

> 募集の詳細はこちら(募集終了)
> 応募総数と審査方法
> 一次審査を通過した取り組みについて


長崎ペンギン水族館

ふれあいペンギンビーチ


【審査委員コメント】
 「ペンギンが海を泳ぐ」という、当たり前の状況を飼育環境下で作り出した日本初の試みが評価されました。エンリッチメントの目標の一つに、自然に似せた機能を再現する、というものが挙げられますが、ここでは“自然そのもの”を利用しました。動物が快適に過ごせるための施設や体制づくりが実現している取り組みです。
 2001年に水族館が現在の海沿いの場所に移転した当時から、「ペンギンを海で泳がせたい」という夢がありました。水族館に隣接する沿岸部分をネットと柵で囲い、砂浜のある入り江部分を「ふれあいペンギンビーチ」として、2009年7月にオープンしました。このビーチを利用するのは温帯に生息するフンボルトペンギンです。同館で暮らす67羽のうち老齢の個体などを除いた59羽から、毎日10数羽ずつが交代で出てきます。ビーチに出る個体は、その日の各個体の“希望”と体調、館内の展示とのバランスに応じ、担当者が毎日調整しています。その日のビーチ開始時間になると、飼育担当者の付き添いのもと、ペンギンたちは館内の展示場からビーチまで100mほど歩いて向かいます。それから数時間、ペンギンたちはビーチで自由に過ごし、終了時間になると担当者の誘導に従い、必ず館内のプールに戻ってきます。
 飼育下のペンギンでは、歩行や遊泳ができる空間が制限されているため、運動不足や、それが原因の一つにもなる趾瘤症などの問題が起こりがちですが、ここでは見られません。また、飼育下ではめったに観察されない、海岸の波打ち際を早く移動する際におこなう、フリッパーを用いた“四足歩行”や、ビーチ内に侵入してきた魚を探索・捕食する行動が見られます。このように、行動の多様性を引き出し、運動量を増加させることで、健康面での改善ができました。
 これまでの4年間、大きなトラブルや事故などもなく、継続してきた実績も大きく評価されました。来館者との適切な距離が保たれていることと、監視体制が整えられ、観察結果に基づく研究成果を飼育にフィードバックしていることの成果であると考えられます。今後も、ペンギンと来園者双方にとって、快適な空間であり続けることを期待します。

長崎ペンギン水族館
(ながさき ぺんぎん すいぞくかん)
http://penguin-aqua.jp/
〒851-0121 長崎県長崎市宿町3番地16
tel:095-838-3131

>応募者のコメント >受賞の声

ページトップへ

秋田市大森山動物園

キリンのための飼育管理


【審査委員コメント】
 キリンの飼育管理をより良いものにするために、飼育下での問題点を正しくとらえ、問題解決のために、トレーニングの手法を取り入れるなど、それぞれに対する丁寧で具体的な改善策が実施された取り組みです。
 キリンは本来、起きている時間のほとんど(8〜12時間)を、樹の枝葉を採食して過ごす動物で、採食時間の不足により柵舐めや舌遊びなどの行動が発現することが知られています。そこで、採食時間の延長のため、2011年より主食を枝葉中心のメニューに変更しました。この結果、1日の採食時間が大幅に延び、本来の行動パターンに近づけることができました。また、従来のイネ科植物を中心とした給餌内容では歯が過剰に摩耗し、虫歯や採食不良になる傾向がありましたが、それが軽減し、健康上の改善も見られました。
 臆病で繊細な性格から、環境適応が不十分な場合、何かに驚いて事故が起こった例も少なくありません。その対策として、担当者以外の人やトラクターなどの重機といった飼育下で接しうるあらゆる存在を、好物の餌などの強化子と一緒に提示し、脅威の対象ではないということを教えるなど馴致を施しています。また、個体にストレスをかけることなく、誘導や健康管理を実施する方法としてオペラント条件付けに基づく正の強化トレーニングを取り入れ、採血や体温測定などをおこなうことも可能となりました。飼育下では、歩行距離を確保することが難しく、蹄が伸びすぎてしまい、それが原因となって脚を痛めるという問題もありますが、トレーニングによる蹄のケアも実施しています。トレーニングを正しく利用し、環境適応を促したり、健康管理に考慮したりしています。
 このような、具体的な取り組みを丁寧に積み重ねていることが、今回の評価のポイントとなりました。今後は、キリンの社会性を満たすための群れでの飼育や、自発的な移動をうながし歩行距離を増加させる工夫など、より本質的な飼育環境の向上に取り組まれることを期待します。

秋田市大森山動物園
(あきたし おおもりやま どうぶつえん)
http://www.city.akita.akita.jp/city/in/zo/
〒010-1654 秋田県秋田市浜田字潟端154
tel: 018-828-5508

>応募者のコメント >受賞の声

ページトップへ

福岡市動物園

オランウータンとシロテテナガザルの混合飼育


【審査委員コメント】
 複数の動物種を同じ空間で飼育する「混合飼育」への挑戦に対する授賞です。野生の環境では、動物たちは異種との接触を繰り返しながら生活しています。しかし動物園ではそれぞれの種を個別に飼育することが多く、異種間での相互作用、例えば互いに助け合ったり警戒したりするような社会的刺激は不足しがちです。そのような刺激を飼育下にも再現した、混合飼育による社会的エンリッチメントの取り組みとして評価されました。
 福岡市動物園では、2012年の「アジア熱帯の森」のリニューアルの際に、オランウータンとテナガザルの混合飼育を始めました。同所的に生息することもあるこの2種の混合飼育は、海外の複数の動物園ですでに実践されていますが、日本では初めての挑戦です。異なる種どうしで一緒に遊ぶなどのコミュニケーションや、適度な緊張感が生まれ、良好な社会的刺激が生じていることが確認されています。
 混合飼育の別の利点として、敷地・空間の有効活用が挙げられます。ここでは、2種の屋外放飼場を複合することにより共有部分を365屬旅さで確保することができました。特にテナガザルにとっては、国内では放飼場のこのような広さはあまり例がありません。広大な放飼場には、樹上生活に適応したそれぞれの身体的特徴を引き出せるような、15mのタワーやロープジャングルなどが設けられました。この設計は、ボルネオの熱帯雨林を実際に見てきた飼育担当者と、施設担当者との連携によりおこなわれ、ミニチュアの模型によるシミュレーションのもとデザインしたという熱意も込められています。さらに、体の小さなテナガザルのための専用放飼場や、オランウータン専用のサブパドックなど、プライベート空間を用意する配慮もなされています。
 今回の取り組みでは、混合飼育の利点を生かし、それぞれの種の魅力を引き出した点が評価されました。動物の幸せが自然と伝わってくるような飼育を実現しています。このような取り組みには、飼育担当者が十分に観察をおこない各個体の性格や関係性をよく理解しておくことと、福祉や安全性に配慮した施設計画の両方が必要です。そのような飼育管理方法をサポートできる体制のもと、今後も安全で有意義な混合飼育が継続されることを期待します。

福岡市動物園
(ふくおかし どうぶつえん)
http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/

〒810-0037 福岡県福岡市中央区南公園1-1
tel:092-531-1960

>応募者のコメント >受賞の声

ページトップへ

 惜しくも受賞にはいたらなかった取り組みについても、それぞれが動物たちの幸せのために工夫を凝らしたものでした。これらについても適宜エンリッチメント図鑑でご紹介していきますので、あわせてご覧ください。


 市民ZOOネットワークでは、環境エンリッチメントの試みを、市民が理解し、評価し、応援する社会づくりを目指し、今後もエンリッチメント大賞を継続していきたいと思っています。

ページトップへ